iOS9上でのFieldAccess2の動作について

今のところFieldAccess2のiOS9における不具合は確認されておりません。

【省電力モード時におけるGPSログの記録について】
 iOS9では省電力モードをオンにするとバックグラウンドのアプリの動きを制限したりしてバッテリーの持ちを長くすることができるようです。
 「省電力モードでGPSログを記録したらどうなるのか?」が気になるところですが、現在確認しているところでは

  • 省電力モードをオンにしてもGPSログの記録に影響しない。FieldAccess2をバックグラウンドに回しても制限を受けずにちゃんと記録される。
  • ログ録り中は省電力モードであってもGPSがフルで動くため、省電力モードにしてもバッテリの保ちの改善はあまり期待できない。

というかんじのようです。ただし、もしかしたら省電力モードの時はバッテリ残量が少なくなった場合にログ録りよりもバッテリ節約が優先されてログ録りに影響が出る。。などといった可能性がなくもないです。
ですので、GPSログを録る場合は省電力モードはオフにすることを推奨します。

地理院地図の災害対策に随時対応しております

iOS向け地形図ビューアアプリ「FieldAccess2」では地理院地図の “平成27年台風18号による大雨” 災害対策に随時対応中です。現在、以下の航空写真の表示に対応しています。

  • 常総地区(2015.9.11午前)
  • 常総地区(2015.9.11午後)
  • 常総地区(2015.9.13午前)
  • 鹿沼地区(2015.9.11)
  • 鬼怒川温泉地区(2015.9.11)
  • 結城地区(2015.9.11)
  • 宮城県大崎地区(2015.9.12)

無料版でも表示できますのでご活用ください→ FieldAccess 無料版をAppStoreで見る

既にFieldAccess2が立ち上がっている場合は立ち上げ直すと反映されます。

上記の航空写真を表示する時は地図レイヤ機能で地理院地図を重ねて表示すると便利です。以下の操作で地図を重ねて表示することができます。

  • 画面右上の地図選択ボタンをタップします
  • 地理院災害対応から表示したい地図を選択します
  • 「地図レイヤ」ボタンをタップします(図①)
  • 下に地図レイヤが表示されるので「地理院」をタップします(図②)
  • 不透明度を上げると地理院地図が表示されてきます。重ね方を “白抜き” や “乗算” にすると航空写真の上に地図をわかりやすく表示することができます(添付は白抜き青表示です)
  • 地図レイヤを消すには右端の x マークをタップします

Screen-Shot-2015-09-13-at-12.59.10.2

FieldAccess2のバージョン1.0.8をリリースしました。

FieldAccess2の1.0.8をリリースしました。
ピンの種類を5つ追加しました。
(きのこ、山菜、鳥、ベッド、鉄塔)

現在地追従も記録もしてない時は現在地マークを表示せずGPSがオフになるオプションを追加しました。(設定画面で「常に現在地を表示」をオフにしてください)

特定のGPXファイルを読み込むと強調表示した時に落ちる不具合を修正しました。
巨大なファイルを複数一度に読み込むと落ちやすい症状を改善しました。
その他軽微な不具合を修正しました。

FieldAccess2のバージョン1.0.7をリリースしました。

1.0.6でトラックの色の不透明度を低めに描画してしまう不具合があり、修正しました。先の1.0.6でトラックに低めの不透明度を設定した場合、この1.0.7ではちょっと濃い目に表示されてしまいます。大変お手数ですが気になる場合は不透明度の再設定をお願いいたします。

  • 地理院地図オルソ画像のズームレベル18の表示に対応しました。
  • ライブラリで選択された複数のトラックの色を一括して変更できるようになりました。(編集→選択→鉛筆ボタン)
  • ピンの位置を移動した時に住所および写真のExif情報が移動先の位置に更新されるようにしました。
  • iPadで縦横回転した時に左ペインが毎度出てしまう挙動を改善しました。
  • 全画面化しない設定になっている時に事前キャッシュやピンの移動を行うと元の画面に戻った時に下のボタン類が再表示されない不具合を修正しました。
  • その他軽微な不具合を修正しました。

FieldAccess2のバージョン1.0.6をリリースしました。

  • トラックの色と透明度を個別に設定できるようになりました。
  • iCloud Driveやその他の外部ストレージからのファイルの読み込み、および保存ができるようになりました。
  • いくつかの不具合を改善しました。

 外部ストレージについてはiCloud Driveだけでなく「ドキュメントプロバイダ機能拡張」に対応した外部サービスと直接ファイルの読み込みと保存ができるようになっています。今のところ DropBox と box が対応していることを確認しています。DropBoxとのファイルのやりとりがだいぶ楽になりますので是非ご活用ください。
 外部ストレージとしてDropBoxを利用する方法は以下のリンクをご参照ください。
DropBoxと連携しよう

旧FieldAccessの公開終了時期について

旧FieldAccessは現在FieldAccess2への移行のサポートおよび iOS7ユーザ対策としてストアに残してありますが、今後iOS9がリリースされて以降、秋頃10月末(2015.9.13修正)に公開を終了する予定です。大変申し訳ありませんがご了承ください。

公開終了後も端末にインストールされているFieldAccessは問題なく使用できますが、旧FieldAccessの公開終了と同時にバンドルセットも同時に無くなってしまい、以降は差額でFieldAccess2を購入することができなくなってしまいます。すみませんがご了承ください。