数値地図の購入と読み込み

別途購入した数値地図25000(地図画像)をFieldAccesにインストールし、閲覧することができます。
インストールしておけばキャッシュし忘れの心配もなく恒久的に見れますので、頻繁に行くエリアは電子国土のキャッシュではなく数値地図のインストールをお薦めします。
「数値地図25000(地図画像)」は、従来の紙の25000分の1地形図と同じ範囲、同じ内容のものをデータ化したもので、国土地理院が発行、日本地図センターが販売しています。

FieldAccessで数値地図を見るには、PC/Macで購入してiTunesのファイル共有もしくはDropBox等を経由してFieldAccessに転送します。
またはiPhoneのSafariで購入し、FieldAccessへ転送することもできます。
1図葉毎のダウンロード販売のものに加えて、数値地図25000(地図画像)CD-ROM版のデータもインストール可能です。

以下、数値地図の購入方法、およびインストール方法を説明します。CDROMのインストール方法は下の方にあります。


【数値地図を購入する】

数値地図は日本地図センターのサイト( http://www.jmc.or.jp/ )で購入できます。PC/MacのWebブラウザから購入し、iTunes経由でiPhoneやiPod touchに転送してください。iPhone/iPadから購入する場合、FieldAccessの地図管理画面の右下の [地図センターを開く] ボタンをタップすると、Safariで日本地図センターのページを表示します。
※本アプリおよび本アプリ作者は、数値地図発行元の国土地理院および販売元の日本地図センターとは一切の関係はありません。こちらでは数値地図の購入方法などの質問にはお答えすることはできません。悪しからずご了承ください。また逆に本アプリに関する質問等を国土地理院や日本地図センターへ問い合わせないようお願いいたします。
(この内容は2013年9月現在のものです。内容が古くなり正確でない場合があります)

1. 日本地図センターのサイトを表示し、「ネットショッピング」→「国土地理院の数値地図(オンライン)」→「数値地図25000(地図画像)」とページを辿ります。
スクリーンショット-2013-09-30-2.17.12

2. 「数値地図(オンライン)25000(地図画像)」の、ご希望の地図を購入してください。1図葉170円です。(2013年9月現在)
対応するのは「数値地図25000(地図画像)」のダウンロード販売のみです。「数値地図(国土基本情報)」や、「電子地形図25000」といった他のデータには対応しません。

本アプリは地図表示画面のタイトルにその中心部分の2万5千分の1地図の図名を表示します。また設定画面で「図郭表示」をオンにすると2万5千分の1地形図の図郭を表示しますので、数値地図を購入する際の参考にしてください。

3. 購入手続きが完了しますと、zipでまとめられたデータをダウンロードできます。zipファイルは例えば「5339321_H190_hachioji.zip」のような名前がついています。FieldAccessへの転送はこのZIPファイルのまま行います。このZIPファイルはこのままの形でPCやDropBoxなどに必ずバックアップを取ってください。
ブラウザの設定によっては自動的にzipファイルが展開されてしまう場合があります。展開されてしまい元のzipファイルが無くなってしまってる場合は、展開されたフォルダをまたZIPで圧縮しなおしてください)


【FieldAccessへの転送】

iPhoneのSafariで購入した場合、ダウンロードリンクをタップし、表示されるアプリ一覧からFieldAccessを選択すると、数値地図ZIPファイルがFieldAccessに転送されます。

PC/Macで購入した場合、FieldAccessへの数値地図ZIPファイルの転送はiTunesの “ファイル共有” 機能を使います。
iPhoneをPC/Macに接続し、iTunesでデバイスの “App” タグをクリックすると以下のような表示が出てきます。
00001-02
FieldAccessのアイコンをクリックし、右側が「FieldAccessの書類」になりましたら、インストールする数値地図のZIPファイルをこのリストに追加してください。「追加…」ボタン、またはドラッグ&ドロップで追加できます。複数の数値地図をいっぺんに転送できます。
数値地図でないZIPファイルは絶対に入れないでください。
追加したファイルが「FieldAccessの書類」の一覧に表示された時点でiPhoneへの転送はもう完了しています。次にFieldAccessアプリ側の作業を行います。


【数値地図の読み込み】

FieldAccessの [地図管理] ボタンから「数値地図管理」を選択し、左下の00001-04ボタンをタップすると、読み込みを開始します。

読み込みは1図葉につき数分かかります。すみませんが気長にお待ち下さい。

読み込み作業中は短い間であれば他のアプリに切り替えてもOKです(バックグランドでも読み込みを継続します)。しかし、読み込み中はずっとバックグランドのままにはせず、基本的にFieldAccessを前面にしておいてください。読み込み中にずっとバックグランドのままで10分経過すると強制的にアプリが終了させられてしまう場合があります。


【数値地図25000(地図画像)CD-ROM の読み込み】

version1.4からCD-ROM版の読み込みができるようになりました。
数値地図のCD-ROMは発行年により以下の3種類がありますが、そのいずれのものでも読み込みできます。

  • 新図郭対応版(平成17年以降)
  • 世界測地系版(平成14年4月以降)
  • 日本測地系版

CDROMの中のデータのうち、以下のものをiTunes経由で転送してください。

・地図TIF画像
DATAフォルダ内の、1次メッシュコード(”5471″等)フォルダ内に “(2次メッシュコード).TIF” の名前であります。全て、もしくは、必要なものを転送してください。
・KANRIファイル

CDROMの発行年によって異なり

  • KANRI2KW.CSV
  • KANRI2KN.CSV
  • KANRI2K.CSV
  • KANRI.CSV

のうちひとつ、もしくは2つが入ってます。
KANRI2KW.CSVとKANRI2KN.CSVのふたつがある場合は両方とも転送してください。
KANRI2K.CSVとKANRI.CSVのふたつがある場合はKANRI2K.CSVのみを転送してください。
上記のうちひとつだけがある場合はそれを転送してください。
KANRI2KT.CSVというファイルがあるかもしれませんがこれは必要ないので転送しないでください。

転送が完了したらFieldAccess側の数値地図管理画面を表示し、「新しい数値地図を読み込む」ボタンをタップしてください。読み込みを開始します。


数値地図を読み込む際は地図画像とKANRIファイルを必ずセットで転送してください。CDROMの地図画像は一度に全部を読み込ませる必要はなく、必要な部分だけを複数回に別けて読み込ませることができますが、その際は読み込ませる都度にKANRIファイルも一緒に転送してください。


CDROM読み込みにかかる時間

CDROMには最大で64図葉が含まれていますが、これを全て一気に読み込む場合 iPhone4 でおよそ70分程時間がかかります。その間、できるだけFieldAccessを前面に表示しておいてください。他のアプリに切り替えてもバックグランドで読み込みを継続しますが、その場合ちょこちょことFieldAccessを前面に戻してください。バックグランドで読み込み中のまま10分経過するとOSによって強制的にアプリが終了させられてしまいます。


複数のCDROMの同時読み込み

基本的に、1度の読み込みで複数のCDROMの地図を同時に読み込ませることはできません。これは、複数のCDROMのデータを一度に転送するとKANRIファイルのファイル名がかぶってしまう場合があるためです。
もし、夜中にずっと大量の地図を読み込ませたい、などの理由で複数のCDROMを一度に読み込ませたい場合は、同じ名前のKANRIファイルをひとつに結合して転送してください。テキストファイルなのでテキストエディタで結合できます。この時、異なる名前のKANRIファイルは絶対に結合しないでください。ファイル名や、改行コード、キャラクタセットやエンコード等を変更してはいけません。