山でiPhoneを活用しよう!

山ではiPhoneは使い物にならないので持って行かない。。 という方もいらっしゃるようですが、ちょっと待ってください。確かに山に入ると携帯がつながりにくくなります。しかしそれでも、FieldAccessや DIY GPS、やまちず、i地形図ナビ、といったアプリを入れると、iPhoneを「GPS付ガジェット」として山で活用できます。

山でiPhoneは使えない。。 と思うのは主に次の理由からだと思われます。
(1)携帯がつながらないからGPSが使えない
(2)携帯がつながらないから地図が表示できない
でも実は、iPhoneは携帯がつながらない場所であっても空がひらけていればGPSが使えます。また地図をインストールしたりキャッシュしたりするタイプのアプリであれば、携帯のつながらない場所でも地図を表示できるのです。
iPhoneは携帯のつながらないところでも地図が見れます!

iPhoneは携帯のつながらないところでもGPSが使えます

 iPhoneにはA-GPSという測位を補助する情報(アシスト情報)をネットワークから得て測位するタイプのGPSが入っています。GPSによる測位は通常測位を開始してから精度が上がるまで時間がかかるのですが、A-GPSはその時間をアシスト情報を使って大幅に短縮し、瞬時に精度の高い位置情報を得ることができます。
 じゃあA-GPSを積んでるiPhoneはネットワークにつながらない場所でGPSを使うとどうなるのか。。。というと、アシスト情報は使えないものの、単なる普通のGPSとして機能します。
 どういうことかといいますと、GPSは使えるのですが、普段のようにあっという間に現在地を測位できるのではなく、測位を開始してから精度が上がるまでちょっとした時間がかかるようになります。長い時は数分かかります。
 衛星軌道データなどの必要な情報をGPS衛星から取得するため、初期測位はなるべく空が開けた場所で行う必要があります。また精度が十分に上がるまでは動かずにとどまっている必要があります。初期測位の精度が不十分なまま移動を始めると、ずっと精度が上がらないままになってしまうことがあります。
 初期測位が完了し精度が出ると、その後はいつも通りのGPSとして使えます。

 このため、山に入ってからGPSの記録を始める場合はちょっとだけ気をつけて、記録を開始したら精度が出るまでちょっとまってからスタートするよう気をつけてください。出発の支度をしている時などに現在地追従などでGPSをオンにして置いておくのが良いでしょう。

 また山に入る前、まだ携帯のつながるうちに一度GPSを使っておくと良いです。一度ネットワークにつながる場所でGPSを使っておくと初期測位に必要なデータが得られるため、そこから距離的時間的にそれほど離れていなければ電波が入らない場所でGPSを使っても初期測位の時間がかかることがありません。

 という訳で、ちょっと注意点はありますが、山でも十分にiPhoneのGPSを活用して頂きたいと思います。

携帯のつながらないところでも地図を表示できます

 標準のマップアプリは電波が届かないと地図を表示できませんが、FieldAccessでは、次の2通りの方法で地図をアプリ内に保持できます。

・電子国土をキャッシュする
・数値地図(地図画像25000)をインストールする

電子国土は「事前キャッシュ」機能を使って特定のエリアの地図を一括してキャッシュすることが可能です。また数値地図は1枚170円と費用はかかりますが、きちんとしたライセンスで地図データを所有し、インストールすることができます。

いずれの方法にしても予め用意しておかなければならないので山に入った後ではどうしようもなくなってしまうのですが、山に行く前の一連の準備のひとつとして、行く範囲の地図の準備をしていただければと思います。