FieldAccess2バージョン1.0.13の不具合情報

1.0.13は古いバージョンです。最新版へのアップデートをお願いします。

まだいくつかの不具合が調査中です。引き続き安定の向上に努めますのでよろしくお願いいたします。

1.0.13で新たに報告された不具合
  • スマートリストでエリアの絞り込み条件を緯度経度の数値指定で行おうとすると画面が固まってしまう不具合があります。現在修正中です。
  • 1.0.13で磁北線の表示が暗く、強調表示したトラックの線が濃くなってしまっています。次のアップデートで元に戻します。
1.0.13でまだ直っていない不具合
  • 写真の撮影及び表示の全般で、画面の縦横を変えた時の挙動がおかしいことになっています。近い将来に修正予定です。
  • 旧アプリからのデータの移行で、事前キャッシュが移行されないとのご報告を受けております。現在調査中です。(2015.3.25 11:30)
  • 標準地図(および標準の航空写真)表示時に現在地追従とヘディングアップが効かない不具合が確認されました。できるだけ早いうちに修正いたします。(2015.3.24 23:15)→根本的な解決を図るためちょっと時間がかかります。申し訳ありません。(2015.4.4 10:30)
修正された不具合
  • iPhone6s/6s plusで、事前キャッシュを行う際にキャッシュ範囲の調整ができない(辺や隅を動かせず地図が動いてしまう)、高低図のカーソルを横に移動できない、方位のNマークでの回転ができない、などの不具合は1.0.13で修正されました。
  • バージョン1.0.11で、地図のタイトル部分の北緯の秒の表記が正しくない不具合は1.0.12で修正されました。
  • 画面中央の標高表示、およびピンの標高が大きくズレる不具合は1.0.10で修正されました。ただし、一度でもおかしな標高が表示されてしまっているとその標高がキャッシュされてしまっている場合があります。その場合恐れ入りますが地理院地図のキャッシュクリアを行って下さい。
  • ピンの作成先のフォルダが削除された状態で新規のピンを作成すると「保存先のフォルダを設定してください」と出るのに「設定」を押しても何も起こらずピンを作成できない不具合は1.0.10で改善されました。
  • 特定のGPXファイルのトラックを強調表示すると落ちる不具合は1.0.8で修正されました。
  • 大きなファイルを複数選択し一度に読み込むと落ちる場合がある不具合は1.0.8で修正されました。
  • iPadで画面を回転するたびに左ペインが出てしまう挙動は1.0.7で改善されました。
  • 「全画面化しない」設定になっている場合に、事前キャッシュやピンの移動などを行った後で地図下部のボタンが再表示されない不具合は1.0.7で修正されました。。
  • URLスキームからFieldAccess2を起動した時に位置などの指定が反映されない不具合は1.0.5で修正されました。
  • トラック詳細画面の表示ボタンで表示を切り替えても地図上に反映されない不具合は1.0.5で修正されました。
  • 削除したトラックが稀に表示されたままになってしまう不具合は1.0.4で修正されました。
  • カシミール3Dから出力されたGPXファイルを読み込むと透明に表示されてしまう(線の縁しか表示されない)不具合は1.0.4で修正されました。
  • 1.0.3でGPSログ記録中に高度と速度が表示されなくなってしまう不具合は1.0.4で修正されました。
  • 1.0.2以降で、Jpeg画像によるカスタムマップを読み込もうとすると落ちる不具合は1.0.4で修正されました。
  • ピンの足元に時刻を表示してる場合にピン詳細を表示して戻ると時刻表示が「01/1/1」になってしまう不具合は1.0.4で修正されました。
  • iPadにて旧FieldAccess HDからの移行が機能しない不具合はFieldAccess HDのバージョン2.5.10で修正されました。FieldAccess HDを最新版にアップデートしてください。