FieldAccess2バージョン1.0.4の不具合情報

1.0.4は古いバージョンです。最新版へのアップデートをお願いします。

1.0.4で新たに報告された不具合
  • URLスキームからFieldAccess2を起動した時に位置などの指定が反映されない不具合があります。次のアップデートで修正されます。→1.0.5で修正されました。
  • トラック詳細画面の表示ボタンで表示を切り替えても地図上に反映されない不具合があります。次のアップデートで修正されます。→1.0.5で修正されました。
1.0.4でまだ直っていない不具合
  • 旧アプリからのデータの移行で、事前キャッシュが移行されないとのご報告を受けております。現在調査中です。(2015.3.25 11:30)
  • 標準地図(および標準の航空写真)表示時に現在地追従とヘディングアップが効かない不具合が確認されました。できるだけ早いうちに修正いたします。(2015.3.24 23:15)→根本的な解決を図るためちょっと時間がかかります。申し訳ありません。(2015.4.4 10:30)
修正された不具合
  • 削除したトラックが稀に表示されたままになってしまう不具合は1.0.4で修正されました。
  • カシミール3Dから出力されたGPXファイルを読み込むと透明に表示されてしまう(線の縁しか表示されない)不具合は1.0.4で修正されました。
  • 1.0.3でGPSログ記録中に高度と速度が表示されなくなってしまう不具合は1.0.4で修正されました。
  • 1.0.2以降で、Jpeg画像によるカスタムマップを読み込もうとすると落ちる不具合は1.0.4で修正されました。
  • ピンの足元に時刻を表示してる場合にピン詳細を表示して戻ると時刻表示が「01/1/1」になってしまう不具合は1.0.4で修正されました。
  • スマートリストで期間指定で絞り込めない不具合は1.0.3で修正されました。
  • iPad wifiやiPod touchなどGPSを搭載しない端末で、現在地追従ボタンを押しても直ちに現在地に移動しない不具合は1.0.3で修正されました。
  • iPadで、緯度経度入力画面を表示するとキャンセルできない不具合は1.0.3で修正されました。
  • 設定画面の下の方の説明事項の部分をタップすると落ちる不具合は1.0.3で修正されました。
  • GPS記録中のレイアウトが崩れる不具合は1.0.3で修正されました。
  • iPadで、高低差がゼロのトラックを強調表示しようとすると落ちる不具合は1.0.2で修正されました。
  • トラックを「距離の短い(長い)順」でソートするとアプリが落ちる不具合は1.0.2で修正されました。
  • iPhoneにて、保存された事前キャッシュ範囲から「この領域の地図を表示」をタップしても地図に切り替わらない不具合は1.0.2で修正されました。
  • 位置情報の利用が許可されていない場合、地図をズームするたびに「位置情報の利用が許可されていません」というアラートが表示されてしまう不具合は1.0.2で修正されました。位置情報の利用が許可されていない場合は現在地マークを表示しなくなります。
  • ライブラリ内のアイテムをフリックで削除できない不具合は1.0.2で修正されました。
  • iPadにて旧FieldAccess HDからの移行が機能しない不具合はFieldAccess HDのバージョン2.5.10で修正されました。FieldAccess HDを最新版にアップデートしてください。
  • 地図右下のアクションボタンの「緯度経度入力」「他のアプリを開く」「起動リンクを生成」を実行できない不具合は1.0.1で修正されました。
  • iPadにて、ライブラリでスマートリストを表示し、名前を変更するために上部の「・・・」ボタンをタップするとアプリが落ちる不具合は1.0.1で修正されました。