月別アーカイブ: 2015年3月

FieldAccess2 バージョン1.0.1の不具合情報

1.0.1は古いバージョンです。最新版へのアップデートをお願いします。

報告された不具合
  • ピンの足元に時刻を表示してる場合にピン詳細を表示して戻ると時刻表示が「01/1/1」になってしまう不具合があります。1.0.4で修正されます。(2015.4.28 21:00→1.0.4で修正されました。
  • 削除したトラックが稀に表示されたままになってしまう不具合があります。修正中です。(2015.4.30 22:00)
  • スマートリストでトラックを期間指定で絞り込めない不具合があります。1.0.3で修正されます。(2015.4.21 22:00)→1.0.3で修正されました。
  • iPad wifiやiPod touchなどGPSを搭載しない端末で、現在地追従ボタンを押しても直ちに現在地に移動しない不具合があります。1.0.3で修正されます。(2015.4.11 22:00)→1.0.3で修正されました。
  • iPadで、緯度経度入力画面を表示するとキャンセルできない不具合があります。1.0.3で修正されます。(2015.4.11 22:00)→1.0.3で修正されました。
  • 設定画面の下の方の説明事項の部分をタップすると落ちる不具合があります。1.0.3で修正されます。(2015.4.5 12:00)→1.0.3で修正されました。
  • 画面上下のボタンやGPS記録中のレイアウトが崩れる場合があります。現在原因を調査中です。(2015.3.29 15:00)
1.0.1でまだ直っていない不具合(多くは次の1.0.2で修正されます)
  • 旧アプリからのデータの移行で、事前キャッシュが移行されないとのご報告を受けております。現在調査中です。(2015.3.25 11:30)
  • iPadで、高低差がゼロのトラックを強調表示しようとすると落ちる不具合があります。次のアップデート(1.0.2)で修正されます。(2015.3.25 2:00)→1.0.2で修正されました。
  • 標準地図(および標準の航空写真)表示時に現在地追従とヘディングアップが効かない不具合が確認されました。できるだけ早いうちに修正いたします。(2015.3.24 23:15)→根本的な解決を図るためちょっと時間がかかります。申し訳ありません。(2015.4.4 10:30)
  • トラックを「距離の短い(長い)順」でソートするとアプリが落ちる不具合があります。次のアップデート(1.0.2)で修正されます。(2015.3.24 22:20)→1.0.2で修正されました。
  • iPhoneにて、保存された事前キャッシュ範囲から「この領域の地図を表示」をタップしても地図に切り替わらない不具合があります。次のアップデート(1.0.2)で修正されます。(2015.3.24 22:20)→1.0.2で修正されました。
  • 位置情報の利用が許可されていない場合、地図をズームするたびに「位置情報の利用が許可されていません」というアラートが表示されてしまいます。次のアップデート(1.0.2)で修正されます。(位置情報の利用が許可されていない場合は現在地マークを表示しなくなります)→1.0.2で修正されました。
  • ライブラリ内のアイテムをフリックで削除できない不具合があります。次のアップデート(1.0.2)で修正されます。→1.0.2で修正されました。
修正された不具合
  • iPadにて旧FieldAccess HDからの移行が機能しない不具合はFieldAccess HDのバージョン2.5.10で修正されました。FieldAccess HDを最新版にアップデートしてください。
  • 地図右下のアクションボタンの「緯度経度入力」「他のアプリを開く」「起動リンクを生成」を実行できない不具合は1.0.1で修正されました。
  • iPadにて、ライブラリでスマートリストを表示し、名前を変更するために上部の「・・・」ボタンをタップするとアプリが落ちる不具合は1.0.1で修正されました。

新しいアプリFieldAccess2をリリースしました

 iPhone用のFieldAccessとiPad用のFieldAccess HDに分かれていたのをひとつに統合し、新しい「FieldAccess2」というアプリで再スタートすることになりました。
 iOS8以降用で、価格は700円840円になります。

 すでにFieldAccessをお持ちの方は大変恐れ入りますが、FieldAccess2への移行を何卒よろしくお願い申し上げます。すでにFieldAccessもしくはHDをお持ちの場合は差額で購入できるバンドルセットを用意しましたので、是非ご利用ください。
FieldAccessをお持ちの方向けのFieldAccess2バンドルセット
FieldAccess HDをお持ちの方向けのFieldAccess2バンドルセット
両方をお持ちの方は大変申し訳ありませんがHDとのバンドルセットをご利用ください。両方の購入金額を適用できず大変申し訳ありません。

 従来のFieldAccessからFieldAccess2へデータを引き継ぐことができます。データの引き継ぎ方法については下記リンクをご参照ください。
FieldAccess2へデータを引き継ぐ

 新しいFieldAccessはiPhone/iPad両用になった他、カスタムマップ(KMZファイル)の読み込みと表示、トラックの簡易カット編集、スマートリスト等の新機能の追加と、たくさんの細かな使い勝手の改善を行っております。

 リリースしたばかりのFieldAccess2ですが、不具合が見つかっております。今後しばらくは不具合修正のアップデートを継続しますのでよろしくお願いいたします。
FieldAccess2 バージョン1.0の不具合情報

バージョン2.5.9のリリースと、FieldAccess2のお知らせ

 FieldAccessおよびHDのバージョン2.5.9をリリースしました。ピンなどを別のフォルダに移動する際に落ちる場合がある不具合などいくつかの不具合を修正しました。

新しいアプリFieldAccess2をリリースします

 これまでiPhone用のFieldAccessとiPad用のFieldAccess HDのふたつのアプリをリリースしてまいりましたが、この度、iPhone/iPad両用の新しいアプリ FieldAccess2 をリリースすることになりました。今後はこの新しいFieldAccess2へ一本化します。
 FieldAccess2はiPhone6/6 plusの画面サイズとiOS8に最適化し、iPhoneとiPadで同じ感覚で操作できるようユーザーインターフェースを見直しました。またスマートリスト、トラックの簡易カット編集、カスタムマップ(KMZファイル)の読み込みと表示、などの新機能を追加しました。

 FieldAccess2の価格は700円になります。

 既存のFieldAccessユーザ様にはまた新たにFieldAccess2をご購入頂くことになり大変申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。
 既存のFieldAccessとFieldAccess2のバンドルセットをFieldAccess2と同じ価格で提供する予定です。現FieldAccessまたはHDをお持ちの場合、その購入時の価格との差額でFieldAccess2を購入できますので、是非バンドルセットをご利用ください。(※1)(※2)

 FieldAccessのバージョン2.5.9からFieldAccess2へデータの転送が行えます。同じ端末内のFieldAccess/HDからFieldAccess2へ、ライブラリ内の全データ、数値地図、事前キャッシュされた地図データを転送することができます。

今後は新しいFieldAccess2をどうかよろしくお願いいたします。

※1) iPhoneアプリとiPadアプリをひとつにバンドルできないというAppStoreの制約があるためFieldAccess、FieldAccess HD、FieldAccess2の3つのアプリをひとつのセットにすることができません。このため「FieldAccessとFieldAccess2」、「FieldAccess HDとFieldAccess2」というふたつのバンドルセットを用意します。FieldAccessとHDの両方を所有している方は申し訳ありませんが「FieldAccess HDとFieldAccess2」のバンドルセットをご利用ください。

※2) バンドルセットにすでに所有しているアプリが含まれる場合、そのアプリを購入した際の価格を引いた金額でバンドルセットを購入できます。現在のアプリの値段ではないことにご注意ください。例えば、FieldAccessをセール価格の250円でご購入された場合はバンドルセットを250円引きで購入することができます。