DeskMini 110

AsrockのDeskMini 110でWinサーバーをこしらえた。
無難な構成でこれといったものはないのだが、とりあえずで装着したインテル純正CPUクーラーが五月蝿い。。。

このため、CPUクーラーをNoctuaのNH-L9iに交換。
さらに、NH-L9iに付いてる薄型の9cmファンをこれまたNoctuaの25mm厚のNF-A9に交換。

25mm厚のファンに交換するとケース上端ギリギリすぎて入れるのに難儀するが、なんとか入る。

ケースぴっちぴち。
25mm厚のファンに交換したのは低回転時の風圧を確保したいためと、CPUファンがケースファンを兼ねて中に篭った熱を効率的に排出させたいため。
TDP35Wの Core i5 7400TなのでそんなことせんでもNH-L9iに付いてる薄型ファンのままで十分すぎるくらいだとは思うのだが、そこはそれ、自己満足。

消費電力は12Wくらい。これくらいなら気にせず常時稼働させられる。
NF-A9に換装したNH-L9iは、600RPMだと耳を限りなく近づけてやっと風切り音が聞こえるくらいでほぼ無音、止まる寸前の190RPMくらいだとそれも無くなってファンの音はまるで聞こえない。
BIOSの設定次第でアイドル時にファンを完全に止めることもできるし低発熱CPUなので止めても十分常用できそうだが、ケースへの外気の送り込みのために低速で回す設定にした。特にケースが熱くなるということもないのでそれも必要かどうか。。。というところなのだが、この先長く24時間稼働させる予定なのでマザーボードの熱による故障リスクを下げるということで。