ハイレゾ音楽のメディアサーバーを立てる -その2

メディアサーバー用に新たなPCを用意することにしたわけですが、ではどんなPCにするか、結構悩みました。

要求はこんなかんじ

  • 基本メディアサーバーで性能はそこそこでよい
  • でも他のことにもちょこっと使えるよう、そこそこの性能は欲しい
  • 省電力
  • 静音。ただしファンレスは目指さない
  • できれば省スペースが良いが、静音を優先
  • CドライブはNVMeのSSD
  • メインとバックアップの2台の3.5インチHDDを内蔵
  • さらに作業用の小さな容量のSATAのSSDも内蔵

小さなPCにしたいが、容量を小さくするとどうしても熱がこもる上に排気ファンの径を確保できず五月蝿くなる傾向にあるので、どちらかを犠牲にしなければならない場合は静音性を優先で。

データの安全な管理であるが、いろいろ調べてみるとRAID5とかであっても過信は禁物のようだ。
また保管するのは音楽ファイルのみ。基本的に、購入した音楽データを放り込んでいくだけで頻繁にデータの更新が発生する訳ではない。それだとRAIDを組んでのデータの冗長性確保はどうにも過剰に思える。なので、データ保管HDDとそのバックアップHDDという原始的な構成を選択。
RAIDだと組んだHDDが同じように稼働して同じような時期に同時に故障する確率がわりかし高いようだが、バックアップHDDの構成の場合はうまくやればバックアップ側のHDDの稼働を抑えることができて「同時に故障するリスク」が減るんじゃないだろうかという安直な発想による。これはただの思い込みで裏付けは何もない。

なので3.5インチHDDを2台接続する。これが外付けHDDで外にでっぱるといろいろと面倒だし見た目もアレなので、内蔵したい。

冷却方法だけれど、CPUなりの熱源があって、メインの熱の放出を空冷に頼る以上は空気の流れは必要になる。ファンがないとどうやっても熱がこもる。なので、できるだけ少ない数のファン、できるだけ大きなファンで、できるだけゆっくり回転させて静音を目指すことにする。
HDDを内蔵したいのも、外付けHDDケースの中のHDDは熱がこもって熱くなりそう。。。というのも理由のひとつだったりする。内蔵して、多少なり空気が循環する中にHDDを置きたい。

さて、既製品か。自作か。
上記を満たす既製品PCは。。。。  ないですよね。 ないです。 ハイ。

もうちょっと楽してベアボーンキット。。。 やっぱり、いい具合のないですね。。。

自作しかないですね。。。 自作します。

小さくしたいのでM/Bは Mini-ITXサイズで。
グラフィックはCPU内蔵でいいのでCPUはインテルので。RyZen+VegaなAPUが出てたらAMDに凸したかったところなのですが。

ケースは、 ケース。。。  うーん。。。。 なんかいかにもPCですみたいなケースしかない。。
しかも大きなファンを低速で回したいという希望に沿うものがない。。。
ケース自作するか。。。。  ケース自作しよう。。

かなり荊の道に足をつっこんだ気がします。

さてメディアサーバーなPCはいつになったら完成するだろうか。
というか完成するのだろうか。

以下続く