ネタ」カテゴリーアーカイブ

floatだったりdoubleだったりするCGFloatの定数をどう書くか問題

いや全然問題ってほどじゃないんだけど。

CGFloatは今まではfloatだったので、例えば

みたく何気なく数値に ‘f’ を付けて単精度浮動小数点リテラルにしてたのですが。

これが64bitのarm64バイナリ向けのビルドではCGFloatがdoubleになった。
armv7/armv7s/arm64 の3バイナリをファットバイナリにぶっこむ現状ではCGFloatがfloatだったりdoubleだったりする。なので f を付けるとarm64用コンパイルでdoubleに単精度リテラルを渡すことになり、かといって f を外すとarmv7(s)用コンパイルでfloatに倍精度リテラルを渡すことになってしまう。

さて、ではどうするか。

・そんなとこ気にしても仕方ない。気にしない。すでにfを付けてしまってるものは放っておく。
・今後時間が経つにつれ32bit端末はどんどん減っていくので、今後書くコードについてはCGFloatの定数に f を付けるのをやめる

落としどころはこんなところだろうか。

しかし。しかしである。
doubleに単精度リテラルを代入したりfloatに倍精度リテラルを代入したりするのは気に喰わーーーんヽ(`Д´)ノ!!!!という人もいるであろう。いませんか? いますよね。 ぼくだけじゃないですよね。。。。

というワケで、C++11の中で「あってもなくてもどうでもいい新機能選手権」で必ず上位に入賞する「ユーザー定義リテラル」を使った解決を試みる。

どっかのヘッダにこれを書いておくと、 1.0_cgf とか 320.0_cgf って記述するとこれがCGFloatリテラルになる。
つまり、32bitバイナリの時はfloatのCGFloatリテラルに、64bitバイナリの時はdoubleのCGFloatリテラルになる。

ブラボー!

ただし、 1.0_cgf って記法はなんなのよ。アンダースコア気に喰わねー! ユーザー定義リテラル要らねー! っていう意見はごもっともである。
あとC++11 を有効にするために .m ファイルを .mm ファイルにしなきゃいけない。

まあなんというか、こんなことしても実行速度とかこれっぽっちも改善しないだろうし自己満足にしかならんのは判ってます。はい。

漫画購入

山田穣のコミックが立て続けに2つも出た。
IMG_3030

なんということでしょう

がっくり3巻は、なんというか、正直出るとは思わなかったw
雑誌掲載分+α+α+αを読めて満足。

満足なんだけど、こう、なんというか、いろいろなもんをぶっこんでるのでこれでオシマイにしてしまうにはあまりにも惜しい気がする。とくに神様とか妖怪ハンター先生とか妖怪ハンター先生とか。えっと、あ、稲葉先生か。もしこれが10巻くらい続いてくれたらそのうちの1巻くらいはずっと神話ネタ引っ張ってくれないかなーとか願わなくもないがたぶんそういうのは作者がこの作品で描きたかったところのものとは違うんでしょう。
最後の温泉回、ほぼほとんどのコマに3人以上いるというか3人未満のコマがほとんど無い上にひとコマに10人以上入ってるのもゴロゴロあってしかもみんな好き勝手に台詞しゃべってるっていう、なんともがっくりらしい話しで、大変良い〆でございました。
確かに、キャラクターで進めるでなく、ストーリーで進めるでなく、「このフォーマット」で進めるのであれば3巻で丁度いい気がする。

でもなー。 うーん。 先生気が向いたら外伝でもなんでもいいのでふらっと思い出したように続き描いてくださいよろしこながいしまs。

で、両単行本のカバー下、アオハルの方の巻末付録で大活躍のうろんちゃんが解説してるようにがっくりで拾いきれないネタを昔話〜の方で拾ってたりしてて、その辺読者としてもそんなカンジで補完して読んでますハイ。
昔話の方はアオハル全号買って持ってるというかなり奇特なことをやってるのでこう今改めてどうこうというのはないのだけれど、残念女子ちゃんかわいい。

おわり

0G下におけるおっぱいの形状および揺れ表現について

地球上のあらゆるものは地球の中心に向って引っ張られている。重力によって歪んだ空間に対して1Gの加速度で抗い続けている、と言った方がいいのだろうか。
おっぱいもまた例外ではない。1Gで引っ張られているが故にあの魅力的な形状が維持されるのだ。π振動もまた1Gの重力下での揺れとなる。

ところでSFでは宇宙空間でも居住区などは人工重力などで1Gかそれに近い重力がある表現をすることが多いが、船外などは当然無重力となる。

そこでアニメも実写もどっちもなのだが
  「0Gにおけるおっぱいの形状」
  「0Gにおけるおっぱいの揺れ方」
はどれくらい考慮されているだろうか。

実写でそれをやろうとしたら実際に0G環境化で撮影するしかないので割愛し、アニメについて考える。

この問題が最初に気になったのは尻P大先生の「ロケットガール」アニメにおいてである。


女子高生がボディラインピッチピチのスキンタイトスーツを着て活躍し、さらにマツリちゃんといううってつけのグラマラスなキャラクタがいながらも、宇宙におけるおっぱいの形状および挙動にこだわりが見られなかったのが非常に残念であった。これだけのお膳立てがあって何故それを強調しなかったのか。悔やまれる。非常に悔やまれる。

あまりにも1Gの影響下にあるおっぱいの形状および揺れ方が刷り込まれているせいで、0G空間でも重力があるかのようなおっぱいの形状や揺れが表現されていても違和感を感じる人はほとんどいないのかもしれない。
しかし。しかしである。「宇宙空間で音がする訳ないだろwww」といいつつ音がないとなんとも寂しい映像になって仕方ないのでそこは譲歩するとしても、0G環境にいながらおっぱいだけが1Gの影響下にあるような形や揺れをするのは許せない。ここだけは譲れない。みんなもっとこだわりましょうよ。

そこでJAXA様にお願いです。
クールジャパンのためにひと肌脱いで頂けませんでしょうか。
全部脱げとはいいません。水着姿で構いません。
ちょうどいい女性クルーがいる時に、「1Gおよび0G下における女性の容姿の違いについて」という教材ビデオを作成して頂けませんでしょうか。
地上およびISS船内の両方で水着姿で撮影し、カタチや揺れがどう変わるのかを記録するだけです。ほとんど予算がかからないし、日本のアニメの表現力の向上に大いに貢献することでしょう。
何卒よろしくお願いいたします。m(_ _)m

今なんでこのエントリーを書いたかというと、シドニアの騎士の継衛内でのおっぱいの揺れ方をみて「あれっ」と思ったから。


そうか、3DCGなら0Gで物理演算揺れできるのか。
でもやっぱり「実際はどうなのさ」ってのは理屈じゃなくて映像を見てみたい。なのでJAXA様よろしくお願いします。