未分類」カテゴリーアーカイブ

iOS8キーボード拡張「 PhraseFire 」リリースしました

スクリーンショット 2014-12-14 15.17.37
iOS8キーボード拡張の「 PhraseFire 」をリリースしました。
100円です。
AppStoreリンク
PhraseFireアプリでフレーズ集(定型句のセット)を作っておくと、いろんなアプリでそのフレーズが並んだキーボードを使えるようになります。

フレーズ集の入力はこんなカンジです。
IMG_0178
フレーズを改行で区切って並べるだけなのでメモ帳やメールなどと簡単にコピペでやりとりできます。

そんでキーボードとしての使用はこんなカンジです。
IMG_0177

このように、入力する語句がだいたい決まっていて、そして打つタイミングが非常に重要である場合に威力を発揮すると思います。

またよく使う長いフレーズは楽に入力できるよう辞書に登録したりすると思いますが、それほど良く使うでもないものを辞書にいくつも登録するのも面倒ですし、あまり使わないものはあれって何打って変換するんだけ、ってなりがちです。そんな時にこのキーボード上に並べておく、という手もあります。

特定の状況下で便利なふたつの設定があります。

即エンター

これをオンにするとフレーズ入力で即送信されます。

連射モード

連射モードに設定するとフレーズが縦一列に並び、射出する毎に次のフレーズにスクロールします。
一連のフレーズをタイミング良く順に射出する時に便利です。

さようならObjective-C++

こんにちはSwift。

自分のアプリはC++便利に使えるところはかなり使いまくっててソースファイルは全部 .mm になっちゃっててObjectve-C++ばんじゃーいな感じなんだけどそこにきてSwiftですよ。
Objectve-Cとは仲良くやっていけるけどC++とはやっていけないSwiftですよ。
というワケで将来的なSwift移行に向けてどうしようか思案中。

西多摩MTB友の会の里山整備作業に参加してきました

友の会が継続的に活動している大澄山の整備作業に参加してきました。
マウンテンバイク友の会の活動だけれどもこの山での活動でMTBで走れるフィールドが増えたりとかはなくて、マウンテンバイクで山に入ることが登山やハイキングなどと共に一般的に認知されるようになるための地道な活動、というカンジです。
何も手入れされなくなり薮と竹が生い茂ってしまった山を、まずは里山としてもっといいかんじのものにしていこうと。

今回はもともとクヌギ・コナラ林だったところが30年手入れされなくなって竹が入ってきてしまったところの竹を切る作業でした。
IMG_2909
切ります。竹は地下茎でがんがん増えてくので困ったものです。

実はこの山、おいらの実家のすぐ裏の山なのです。
小学校の頃はよく遊びました。端ボールですべったり防空壕の穴に入ったり。
その頃はまだきちんと山の手入れがされてたのが今はご覧の有様ですといった風情。
今回の活動に参加したのは昔遊んだ山をまた元に戻したい、というのもありました。

IMG_2911
竹は下の方を残して切り、それを杭の代わりにして切った竹を横に積みます。
これまで上の方が隙間無く覆われていたのが竹を切ることによって空が見えるようになり、雨が下の方に入りやすくなる。なので腐葉土などをこれで受け止め、雨水が勢いよく山を流れてしまうのを防ぎます。

IMG_2915
今回の作業で手前の方の竹をだいぶ伐採できました。奥の方はまだ竹が残っていて陽の射してる手前との対比がよくわかります。
竹の伐採範囲はまだまだ広いのでもう暫くは同じ作業が続きそうです。
今回の整備範囲では竹は完全には駆逐しないので下の方は間引いて残し、竹が尾根を超えていかないよう上の方は完全に切ってしまうカンジでした。
竹を完全に排除する場所の場合は全部切った後もまたにょきにょき生えてくるので数年は伐採が必要らしい。

IMG_2930
こちらは今日活動したのと反対側の、友の会による整備活動が継続的に行われている斜面。竹が完全に駆逐されていいかんじのクヌギコナラ林になってます。新緑がキレイでした。

それにしても上半身の筋肉使うなんて滅多にないのでひたすら疲れました。。。