月別アーカイブ: 2013年3月

西多摩マウンテンバイク友の会の総会に行ってきました。

西多摩マウンテンバイク友の会という会に所属してます。

 マウンテンバイクは読んで字のごとく山を走るための自転車ですが、じゃあこいつを買ったら山ん中を縦横無尽に走れるかというとそうでもなく、山は所有者がいて、林業等山での仕事を生業としてる方々がいて、ハイカー、ふらりと散策する地元の方、近年の荒廃する山林をなんとかしようとする自治体の方、自然保護団体の方、いろんな人が、いろんな思惑で山に関わっています。

 そこにいきなりマウンテンバイカーが現れて、自分らの論理、「いかに山でヒャッハー走れるか」だけを考えて山を走り回りはじめたら、当然「なんだコイツらは、けしからん!」という風潮になってしまうでしょう。現に、現在「マウンテンバイク乗り入れ禁止」になってしまった山が少なからずあります。MTB以上にアレなのはオフロードのオートバイで、アクセル噴かして山道に深い轍を作り、荒らすだけ荒らして何もせず帰っていくので、どこの山でもオフロードバイクは完全に “悪者” のレッテルを貼られてしまいました。MTBも現状のままでは同じ轍を踏みかねません。
 マウンテンバイカーは山に入る以上は、山にまつわるいろいろな事情を知る必要があるし、山に関わる人々と共生できるように努力しなければならないし、わだかまりや誤解がないよう交流してくい必要がある。そしてこちらが山についてよく知ると同時に、山に関わる他の人々にもマウンテンバイクのことをよく知ってもらいたい。

 ただし、そのようなことは個人じゃ到底できません。一人だけ気を付けても意味がありません。マナーの悪い人が出たとして、ネット上でその人をバッシングしたところで何の解決にもなりません。
 最近は、MTBガイドツアーがだいぶ定着してきて、そういったところではツアーの主催者の方が地元との折衝や、トレイルのメンテナンスなどをやってくれるおかげで、ツアーの規定を遵守して楽しくMTBで遊ぶことができるようになりました。
 ただ、大都市近郊の里山になりますと、誰でも気楽に来れることから、どこからともなくマウンテンバイカーがわらわらとやってくる。そういった状態では、走る方も許可を得て走ってるわけではない居場所の悪さを感じずにはいられないし、マウンテンバイクにヒヤリとしたハイカーの方も誰に文句を言ったらいいのかわからない。

 これまでは、個人よりも上というとショップくらいしかありませんでした。しかしそれも、チームとかでなく単なるお得意さんの集まりぐらいでしかなく、「マウンテンバイクに乗る得体の知れない集まりを代表するようなもの」には到底なりえません。

 そんな時に、中澤ジムの大将が「西多摩マウンテンバイク友の会」を立ち上げてくれました。
会は、自治体の許可を得てMTBのトレイルや休息所の整備をしたりしますが、それ以上に、より地域に根ざしていこうという活動が多いように思います。地元の清掃活動に参加したり、餅つき大会のつき手の応援に行ったり。まずは、地元の方々や山に向き合ういろんな方々と会う機会を多くして、お互いに顔が見えるようにする。問題意識を共有できるようにする。そしてより良い山になるように一緒に活動していく。とても地道ですが、やっていかねばならない大切なことです。これらは、個人個人で勝手に山で走ってるだけでは到底できなかったことです。
 西多摩MTB友の会という受け皿ができたことによって、走る地域の実情を今までよりもよく知ることができるようになりました。また地域、特に自治体や山で活動する団体と、「MTB集団の代表」として折衝することができるようになりました。 いや、なりました、ではなく、代表の中澤さんおよび友の会中心メンバーが、それらができるようになるべく頑張ってくれています。
 これはとても大変なことで、とても素晴らしいことです。中澤さん、および友の会の中心メンバーの方々には本当に頭が下がります。

 友の会はまだできてから数年で、将来の良好なMTBの環境づくりに向けてまだまだ地道な活動が続いている最中ですが、だからこそ、自分にできる範囲のことを地道に手伝っていきたいと思います。

C/C++コードがJavascript上で動く emscripten

なるものをツイッタで教えてもらった。
スゲー楽しそう。
楽しそうなんだけど、今のところ自分の仕事に役に立ちそうにないので凍結^^;..

LLVMバックエンドとしてCPU用の実行コードを吐くかわりにJavascriptコードを吐くのね。
これ、LLVMフロントエンドになる言語ならなんでもJavascriptになるのかな?
Objective-Cはいける?
Scala-LLVMは?

うーん、しかしやっぱり実用的な使い方が思いつかん!(笑

3月1日に横環北の送り出し架設を見に行った

首都高、第三京浜とつながる横浜環状北線の高架部送り出し作業を公開
完成後は「上下2層形式の単径間トラス橋」で国内最長に

横浜環状北線高架部(トラス橋)の送り出し架設を行いました

こんな面白そうなものは見に行くしかないでしょう、ってことで強風の中、
向かい風にヘコたれそうになりながらチャリで架設現場へ行ったのでした。

DSC00996
送り出しの最後の日だったのでもうほとんど移動してってる

DSC00997
工事現場のこういうカラフルなのってステキ

DSC01002
送り出しの反対側に手延べ桁がのっかった状態。
見に行った日が最終日のハズだったのが強風のため送り出しの工事は翌日に順延。。。
動いてるところは見れませんでした(´・ω・`)

DSC01004
ハァハァ

DSC01005
ハァハァハァ

DSC01006
ハァハァハァ

DSC01007

DSC01012

動いてるところが見れなかったのは残念だったけど、送り出し架設してる現場をここまで間近に観察できるのは珍しいので行ってよかった。

早く横環北が完成しますように!