月別アーカイブ: 2014年5月

漫画購入

山田穣のコミックが立て続けに2つも出た。
IMG_3030

なんということでしょう

がっくり3巻は、なんというか、正直出るとは思わなかったw
雑誌掲載分+α+α+αを読めて満足。

満足なんだけど、こう、なんというか、いろいろなもんをぶっこんでるのでこれでオシマイにしてしまうにはあまりにも惜しい気がする。とくに神様とか妖怪ハンター先生とか妖怪ハンター先生とか。えっと、あ、稲葉先生か。もしこれが10巻くらい続いてくれたらそのうちの1巻くらいはずっと神話ネタ引っ張ってくれないかなーとか願わなくもないがたぶんそういうのは作者がこの作品で描きたかったところのものとは違うんでしょう。
最後の温泉回、ほぼほとんどのコマに3人以上いるというか3人未満のコマがほとんど無い上にひとコマに10人以上入ってるのもゴロゴロあってしかもみんな好き勝手に台詞しゃべってるっていう、なんともがっくりらしい話しで、大変良い〆でございました。
確かに、キャラクターで進めるでなく、ストーリーで進めるでなく、「このフォーマット」で進めるのであれば3巻で丁度いい気がする。

でもなー。 うーん。 先生気が向いたら外伝でもなんでもいいのでふらっと思い出したように続き描いてくださいよろしこながいしまs。

で、両単行本のカバー下、アオハルの方の巻末付録で大活躍のうろんちゃんが解説してるようにがっくりで拾いきれないネタを昔話〜の方で拾ってたりしてて、その辺読者としてもそんなカンジで補完して読んでますハイ。
昔話の方はアオハル全号買って持ってるというかなり奇特なことをやってるのでこう今改めてどうこうというのはないのだけれど、残念女子ちゃんかわいい。

おわり

PECOに空気入れた

最近置物と化していたうちのPECOたん
IMG_3012
なんでかというと、
IMG_3015
空気が入れられない!!!

前輪はブレーキディスク付いてない方から携帯ポンプでかろうじて空気を入れられるんだけど後輪はブレーキディスクとギアに阻まれてレバーを引き起こすどころか差し込むことすらできない。

最初は差し込み口が小さな空気入れないもんかと探したけど。。。 見当たらず。

そんで抜けたまんま放置になってしまっていたのだが、原付などの小径バイク用のガススタンドで空気を入れやすくするエアバルブ・エクステンションなるものがあることを知って早速購入。
IMG_3009

さっそく取り付け。
IMG_3018

おお。入る。 入るぞおおお!!   空気が入るぞおおおおお!!!!!

なんだーこんな便利なものがあるなら最初から言ってくださいよー

このキジマのエアバルブ・エクステンション、90度 75度 60度の3種類あってそのうちの60度なのだがこれでクリアランスやっとってカンジ。90度だと入れられんこともなさそうだけどかなり厳しそう。

本来は原チャリとかで付けっぱなしで使うっぽいのだがPECOについたままってのもアレなので空気入れ終わったら外すのだがこの時若干空気漏れる。気にするほどでもないのだが。

OXbikesのPECO、近距離専用の脚としてとても重宝するのだが欲を言うともうちょっと、もうちょっとだけ進むバイクになってくれたらな〜〜〜と思ってたのですが。
なんか最近 14インチにインチアップした PECO pocci なんてバリエーションが出てるじゃないですかー!
おいら買う時にこれ出てたら迷わずこっち選んでたのに。。。 ううう(´・ω・`)

IBOutlet の weak or strong 問題

xibファイルでユーザインターフェースを作成してクラスのプロパティに結びつける時に、

これを weak にするか strong にするか迷った。

ネットを漁ったら weak が好ましいようなことを書いてるのを見つけたのでそうしていたのだが、上記のようにカスタムテーブルセルをxibで作ってoutletで結びつけてテーブルに表示させる場合にweakだと落ちるケースがあった。

StoryboardでなくxibからTableViewControllerを作成し、カスタムセルをxib側で作成して propertyにIBOutletでつないでる場合、すぐには表示されないセクションの中のセルは weakだといつの間にか破棄されてnilになっていて、いざそのセルが必要になった時にはもうない、という事態が発生した。当然strongだとそうならない。

なのでこのケースについては strong でないといけないようだ。
Storyboardの時はしらん。
他の場合については循環参照の心配が無くもないのでケースバイケースだが、
「循環参照が心配だからとりあえずweakにしとけばオーケー」というワケではない場合もある
ので注意が必要ですよ。というおはなし。