月別アーカイブ: 2014年11月

iPhone6 plus所感

6 plus について散々言われてることのただの繰り返しにしかならないけど、自分でちょっと使ってみた雑感を。

iPhone6 plusを入手して2週間。
ちょっとは慣れてきたものの、やはり未だにデカいと感じる。
でもそれでも慣れてきてしまっているので、ふとiPhone5に戻ると「小さっ!」となる。不思議。
DSC01501
地図を見るのは画面は大きいほど良くて、その点 6 plusは良い。
「携帯デバイス」なのに携帯性が犠牲になってるのはどうなのよ、ってのはある。iPhone5の時は時間が知りたい時にさっと取り出して確認できたけど、iPhone6 plusは時間を確認するだけのために出してまた仕舞う、というのが正直面倒。先日新宿行った時は腕時計欲しくなった。そこでAppleWatch。。。になるのかはどうだろうなぁ。。出てみないとわからん

DSC01502
iPhoneは3GS→4→5と乗り換えてきてずっとケースやジャケットの類を付けず裸族で貫き通してきたけれども、6 plusは自分の粗雑な扱い方だとこれ絶対落として割るな、と確信したので裸族は諦めた。あとデカくて目立つので遠目には手帳とか文庫カバー的なものにカモフラージュみたいな。
町田ヨドバシで買ったケース、不満はちょこちょこあるけども適度な摩擦感があって手からすべり落ちる心配が減るので良し。iPhone6 plusを裸のままで持ち歩くのはするっといきそうで結構怖い。

あとiPhoneでは初めてAppleCare付けた。買ってすぐに落として割ってAppleCareのお世話になってる人がtwitterでフォローしてる人にいて、あ、これ自分もお世話になりそうって予感がした。

大きいことで得られる利便性と損なわれる携帯性、その落としどころは人によって様々だろうけど、地図デバイスとしての便利さを大きく評価する自分にとってはその他マイナスポイントを補って余りあるので、6 plusはアリだな、というカンジです。でもデカい。

あと先日新宿行った時にGPSログ録りっぱなしで途中かなり頻繁に使用して写真もパシャパシャ撮って、5時間半でバッテリが -40% だった。1日の日中の行動であればまず外部バッテリ要らないカンジ。これもポイント大きい。

0.999999… と 1 の間

0.999…. は極限として1に限りなく近づくことはできる。
無限に1に近付き続けることができる。

同様に、

  見えそうで見えない

というのも、極限としての見える状態へと際限なく近付き続けることができる。。。
という無限の可能性がそこにあるからこそ素晴らしいのだ。
見えちゃったらそこで終わってしまうのですよ。

などと今期の深夜アニメを見ながら思う44歳の初冬であった